HISTORY沿革

昭和22年(1947)
酒井邦恭、「太陽塗装工業株式会社」を設立。
昭和24年(1949)
鈑金プレス業を開始。
昭和26年(1951)
「太陽工業株式会社」と改称。プレスと塗装業を中心とする事業を展開。
昭和33年(1958)
組織を事業部制にし、売上高に応じて利益を社員に還元する「ゲーム制タイヨーシステム」を開始。後に分社制に発展。
昭和37年(1962)
八王子工場を建設。産業用プリント配線基板、塗装鈑金業を開始。
昭和40年(1965)
現社名の「大陽工業株式会社」に改称。
昭和41年(1966)
大陽エレクトロニクス株式会社」(昭和60年インテグラン株式会社に商号変更)を設立、分社の先駆けとなる。以降、40社以上の会社を設立。
平成9年(1997)
東京都大田区矢口から品川区西五反田に本社を移転。プリント回路事業部羽生工場がISO9002認証取得。
平成14年(2002)
市場の変化に俊敏に対応できる組織改革を実施、従来の事業部制から「社内カンパニー制」を導入。プリント基板製造の「プリント回路カンパニー」、板金・塗装事業の「FSカンパニー」、装置組立事業の「装置カンパニー」の3カンパニー制に改変。
平成17年(2005)
羽生事業所(プリント回路カンパニー)、ISO14001認証取得。
平成18年(2006)
品川営業所を新設し、プリント回路カンパニー八王子営業所及びCADデザインセンターを統合移転。八王子事業所(FSカンパニー、装置カンパニー)、ISO14001認証取得。
平成19年(2007)
創業60周年を迎え、記念式典を挙行。新たなスタートを切る。FSカンパニー、装置カンパニーを統合し、FS装置カンパニーとする。
平成20年(2008)
羽生事業所の隣地(6,600平米)を取得し、第二工場とする。
平成21年(2009)
経済産業省主催「中小企業IT経営大賞」に応募、「IT経営実践認定企業」として表彰される。
平成22年(2010)
当社オリジナル製品であるデマンド・コントローラ「NaCoa(ナコア)」の販売開始。
平成23年(2011)
FS装置カンパニー、ISO13485認証取得。
平成24年(2012)
台湾に現地法人(台湾大陽工業股份有限公司)を設立。
平成29年(2017)
FS装置カンパニー、自社開発製品・脱臭機器「MIKAZE」ブランドを立ち上げる。
平成30年(2018)
FS装置カンパニー、空間清浄装置の特許取得。[特許番号]6436798号